PhotoMiyazaki宮崎観光写真 宮崎の神楽へ 船引神楽TOPへ      
船引神楽 船引神社 宮入り 船引神楽

船引神楽の写真 宮入り

 撮影地:宮崎県宮崎市清武町 船引神社   船引神楽TOPへ次の舞[方謝舞]へ


 船引神楽は、宮崎県内に多く残されている「春神楽」の代表的なものです。
 五穀豊穣と子孫繁栄を祈願として、奉納されます。
 この写真は2009年春分の日に船引神社で撮影した 「舞庭の様子・宮入り」の写真です。 

神楽を奉納する舞庭は船引神社境内鳥居奥に設けられていた。
正面にサカキやシイでヤマを作り、神楽面やわらの大蛇、供物などを置く。
 ヤマには注連(しめ)を3本立て、日輪や雲を表す扇や赤い布を付け、色とりどりの御幣(ごへい)を差す。舞庭の中央には天がいをつるし、四隅にシイと竹を立て、間にも同様にシイと竹を立てる。それに切り紙を垂らした縄を張り巡らして神域とする。

船引神楽 船引神社 00hk01.jpg


船引神社は寛治元年(1087年)の創建と伝えられ
足仲彦命、息長足姫命、譽田分命を祀る。
地元では八幡様と呼ばれ親しまれている。

船引神楽 船引神社 神庭にて 00hk02.jpg

船引神楽 船引神社 神庭にて 00hk03.jpg

船引神楽 船引神社 神庭にて 00hk04.jpg

船引神楽 船引神社 宮入り 01miyairi01.jpg

船引神楽 船引神社 宮入り 01miyairi02.jpg

船引神楽 船引神社 宮入り 01miyairi03.jpg

船引神楽 船引神社 宮入り 01miyairi04.jpg


船引神楽TOPへ次の舞[方謝舞]へ



神楽なくしては夜の明けぬ国 みやざき 

宮崎県 船引神楽 宮入り

撮影2009/03 ページ公開2009/06